• 2017.09.23


  •  


  •  


ようやくカーテンウォール工事に目処がついてきました。
スケルトン状態から大理石の壁とガラスに遮られた内部空間が現れはじめました。


あいかわらず解体現場にしか見えない施工管理状況ですが、苦心して三次曲面を表現しようとしています。2階は喫茶室と展望台なのですが、使い方はこれから決めていくのであくまで想定。
用途も内装計画もこれから、内装デザインはそれからとなります。

工事担当者は、今月末にはカーテンウォール工事は終わると言ってますが、来月末くらいになるでしょう。連雲港の冬はとても厳しいので、冬が来るまでに建物の工事は終わっておきたいのが関係者の本音です。