• 計画中


    江蘇省連雲港市

  • 建築概要


    途:展望施設

    規模構造:鉄筋コンクリート造

    延床面積:1300㎡

  •  


江蘇省の東北部に位置する連雲港市。
連雲港市は、中国最初の沿海対外開放都市の一つとして発展し、国の経済技術開発区が置かれるなど、経済活動が活発な地域である。連雲港は中央アジア経由の大陸横断鉄道網「新ユーラシア・ランドブリッジ」の東の終着点として計画される交通の要衝ともなっている。日本や韓国をはじめ多くの国からのコンテナ航路が連雲港に着き、ここからコンテナ貨物が大陸横断鉄道に載せかえられオランダのロッテルダム港をはじめヨーロッパ、中東など40以上の国や地域に発送される。この開発区にある景観公園の建築施設群の設計をおこなった。連雲港市には孫悟空の生まれたとされる花果山があり、展望施設のデザインコンセプトは西遊記のものがたりをベースとしている。

連雲港公園展望施設
連雲港公園展望施設